蓄膿症に使用される治療方法は、一般的に以下のようなものです。 ・手術療法 ・局所療法 ・薬物療法 手術療法は、その名の通り、手術によって蓄膿症を改善します。 蓄膿症には絶対に手術が必要という訳ではないですが、症状が重度の場合は手術を勧められることも多いでしょう。 主に、鼻茸を切除したり、鼻中隔彎曲症の改善などを行います。 局所療法は、吸入器や穿刺器具といった医療器具を使用して、蓄膿症の改善を目指す治療方法です。 薬物療法では、薬を服用して症状を和らげます。 蓄膿症には、この3つの治療方法が使用されることがほとんどです。 どの方法で治療をするのかは医師が決定するため、基本的には患者が自由に選ぶことはできません。 薬物療法を行う場合は、薬の副作用を正しく理解し、医師から指示された用量や用法を守るようにしてください。 もし、副作用が強く出たり、薬の効果が実感できない時には、すぐに医師に相談するようにしましょう。 また、手術を勧められた場合、どのようなリスクがあるのかをきちんと理解してから決めてください。